PAGE TOP
≪ なぜ微小な細胞のダメージでは炎症は起こらないのか | トップページ | 老化した膵β細胞の除去がI型糖尿病の発症を抑制 ≫

2019年7 月17日 (水)

ガンに対する新たな抗体医薬

ガンに対する新たな抗体医薬

Cell 6月号から。Sakiさんプレゼン。MIsatoさん座長。NK細胞によるガンの殺傷効果を最大限にする3機能抗体医薬を作成し、その効果は、従来の抗体医薬より抗腫瘍免疫が高いことを明らかにした論文。NK細胞上のCD16だけでなく、NKp-46と結合しつつ、がん細胞側のCD19を認識するというもの。Obinutuzumabを比較対象に動物実験を行なっているが、少なくともマウスレベルでは明確な差がある。臨床試験の結果がどうか。あるいは、この論文のものとは違う進化型が、臨床試験に導入されようとしているのか。今後の展開が楽しみである。

ご意見メール
BORDER 
clear_both