PAGE TOP
≪ 妊娠高血圧腎症の病態制御メカと候補治療薬 | トップページ | 祝 卒業 ≫

2019年2 月20日 (水)

オートファジー分子と腫瘍免疫

オートファジー分子と腫瘍免疫

Cell 10月号から。B3 Gachyのプレゼン。LC3-associated phagocytosis (LAP) in myeloid cells promotes tumor immune tolerance という論文であり、LAPの阻害がマクロファージのM2からM1を誘導し、結果的に、M1におけるSTINGという分子を介してI型IFNの産生を促し、T細胞の活性化を介して腫瘍の成長を抑制するという。腫瘍微小環境におけるミエロイド細胞におけるオートファジータンパク質の新たな機能とその分子メカニズムを明らかにしている。

ご意見メール
BORDER 
clear_both