PAGE TOP
≪ 2型糖尿病において、腸内細菌により産生されるイミダゾールプロピオン酸 | トップページ | 研究室のミッション、ビジョン ≫

2019年1 月 9日 (水)

肝細胞ガンとSTATシグナル

肝細胞ガンとSTATシグナル

Cell 11月号から。B3 Yutaroのプレゼン。脂肪肝(NAFL)ーNASHー肝硬変ー肝細胞がんへと進行していくことは通説化されてきた。今回の論文では、NAFL時に肝細胞において産生されたROSがTCPTP(ホスファターゼ)が抑制されていると、STATシグナル系の活性化が促されるがSTAT3シグナルを抑制するとNASHや線維症を誘発され、STAT1シグナルを抑制すると、肝細胞がんを誘発されるというように、必ずしもNASHを介さずに、肝細胞がんが誘発される分子メカニズムを明らかにしたというところがポイントである。STAT1、STAT3を仕分けしつつ病態がどうやってコントロールされているのかが不明である。

ご意見メール
BORDER 
clear_both