PAGE TOP
≪ グリオーマに対する新たな治療法!? | トップページ

2018年12 月 4日 (火)

腸から脳へ

腸から脳へ

Science 9月号から。Richkyのプレゼン。消化管に散在する腸内分泌細胞(コレシストキニンやペプチドYYなどを分泌する)がシナプス前細胞としての機能を有していること、迷走神経と直接シナプスを形成し、グルタミン酸を神経伝達物質として、腸内のショ糖やグルコースなどの栄養を感知した情報を脳に迅速に伝えているということを明らかにした論文。

ご意見メール
BORDER 
clear_both