PAGE TOP

2017年10 月19日 (木)

骨格筋におけるインスリン非依存性グルコース制御

骨格筋におけるインスリン非依存性グルコース制御

Mol.Cell 5月号から。B3のNamiちゃんのプレゼン。骨格筋において、Baf60c-Deptor-AKT経路を介してグルコース取り込み促進し、この作用には、インスリン受容体からのシグナルは必要ないという話。骨格筋における解糖経路で産生されたATPが骨格筋のKATPチャネルを阻害し、電位依存性カルシウムチャネルを活性化し、細胞内において増加したCa2+がCaMKIIを活性化する。CaMKIIはHDAC5をリン酸化しHDAC5を核外移行させ、Baf60cによる転写を活性化する。その活性化により、Deptorの発現が上がる。このDeptorはAKTのアクチベーターであるため、AKTがリン酸化され、GLUT4が膜移行し、グルコースの取り込みを促進する。グリベンクラミドは膵臓のKATPチャネルを抑制することでインスリン分泌を促すことがメカニズムとして知られているが、骨格筋におけるKATPチャネルにも作用し、本論文のメカニズムを介してグルコースの取り込みを促すことも明らかにされた。どちらが優位な作用化であるが、この論文のデータからすると後者がメインであり、トルブタミドは膵臓のKATPチャネルには作用するが、骨格筋におけるKATPチャネルには作用しないとのこと。興味ふかい。レベルの高い、しっかりしたプレゼンでした。

ご意見メール
BORDER 

2017年10 月18日 (水)

樹状細胞におけるコレステロール蓄積が自己免疫疾患を

樹状細胞におけるコレステロール蓄積が自己免疫疾患を

Cell Metabolism 6月号から。B3のSakiちゃんの初ゼミ。これまで、HDLによるコレステロール排出と過剰な自己免疫応答との因果関係は分かっていなかったが、今回の研究成果による明らかにされたという話。結論は、樹状細胞にHDLコレステロールが蓄積すると、NLRP3インフラマソームを活性化するとともに、GM-CSFによるCD11b+樹状細胞への分化促進、GC-B細胞、TFH、CD4+Tbet細胞を介した種々の自己免疫応答の促進が起こるという。それぞれの現象と実際の自己免疫疾患の増悪がどの程度、関連しているのか、全て増悪に必要なのかは不明。医薬品開発という観点から、スタチンがいくつかの自己免疫疾患を抑制するという臨床研究成果がランセットなどに10数年前から報告されている。今回の論文の知見の何らかの関係があるのか。しっかりとしたプレゼンでした。

ご意見メール
BORDER 

2017年10 月11日 (水)

2型糖尿病における腸内細菌叢とGLP-1抵抗性

2型糖尿病における腸内細菌叢とGLP-1抵抗性

Cell Metaの5月号から、B3のYamamura君の初プレゼン。2型糖尿病においてGLP-1はインスリン分泌促進性ホルモンとして重要な役割をしているが、患者によっては、GLP-1不応答である。この原因の一つとして、腸内細菌叢の乱れではないかと仮説をたて、研究を展開した論文の紹介。腸内細菌叢が異常になった2つの2型糖尿病モデル(高脂肪食モデル、高炭水化物ー高脂肪食モデル)を用いてGLP-1の作用を比較。高脂肪食モデルでのみGLP-1抵抗性を示しており、この抵抗性には、脳腸連関の障害が関与していること、腸内細菌叢の異常が細菌関連分子パターン認識受容体を介してシグナルを伝達していること、その際、NOが関与していることが明らかになった。これらの現象は、可逆的であるということは、臨床をイメージした場合、腸内細菌叢を意識した食事療法により、2型糖尿病をコントロールできることを示している。

ご意見メール
BORDER 

2017年10 月 4日 (水)

HECT型ユビキチンリガーゼの新たな活性調節領域としてのリンカー部位

HECT型ユビキチンリガーゼの新たな活性調節領域としてのリンカー部位

Mol.Cell 5月号から。B3 Takahashiくんの初プレゼン。タンパク質のユビキチン化はタンパク質の品質管理上、重要な機能である。そのユビキチン化を担うE3リガーぜには、RING型とHECT型がある。今回は、HECT型で高度に保存されているリンカー部位(ドメインではなく)がHECT型E3リガーぜの機能発現に重要であることが明らかになった。このリンカー部位がリン酸化されると基質のユビキチン化を促し、リンカー部位が欠損すると自己分解を誘導するという。リンカー部位の変異はがんの発症や増悪に関与する可能性があるという。理解するのが難しい論文をよく読みこなしていました。

ご意見メール
BORDER 

2017年10 月 3日 (火)

祝 結婚

祝 結婚

9月30日、東京パレスホテルで、迫くんと庄ちゃんの結婚式がありました。二人共、皆から多くの祝福を受け、とても幸せな時間であったでしょう。力を合わせて幸せな家庭を築いていくでしょう。おめでとう。

IMG_3342

IMG_3352

IMG_3369

IMG_3364

IMG_3370

ご意見メール
BORDER 
がん化学療法薬の効果が腸内細菌により影響を受ける!?

がん化学療法薬の効果が腸内細菌により影響を受ける!?

Cellの4月号から。B3のSannomiyaくんの初ゼミ。Camptothecin、5-FU、5-Fluoro-2-deoxyuridineなどのがん化学療法薬の効果が、異なる腸内細菌による薬物代謝の違いによって影響を受けることを示唆した論文。線虫を用いて、食餌として細菌の種類及び変異体を活用しながら、繁殖力を指標に薬効を比較している。臨床との関連を示すデータは十分ではないが、このような観点から、薬物の効果判定を慎重に行う必要があるかもしれないことを示している。初めにしては、しっかりしたプレゼンでした。

ご意見メール
BORDER 

2017年10 月 1日 (日)

しばらくのワケ

しばらくのワケ

ブログが更新されず、健康を害しているのではと色々なところの方々に心配をかけているようでしたので、しばらくオフにしていた理由を書きます。

 

 

5月ごろに尊敬する先輩教授が亡くなったことを本ブログに教え子やお世話になっていた人たちに知らせる目的もあり、記しましたが、それが、かえって、ご遺族にご迷惑をおかけすることになり、本ブログから記事の削除だけでは、検索サイトの情報は消えず、ヤフーやグーグルにも対応をお願いし、できるだけ早めに消えるようにしていました。その先生の名前で検索しても730ブログの関連記事は出てこなくなるまで静かにしておこうという気持ちがありました。広く公開するブログでの情報発信のリスクについて勉強になりました。

 

 

また、新たに、復活していこうと思います。この2ヶ月間のことも遡って、記載していきます。

私は、休みなく働き続け、少し疲れてはいますが、まだまだ元気です。

ご意見メール
BORDER 

2017年7 月26日 (水)

Tregと発毛メカ

Tregと発毛メカ

Cellの6月号から。Yoshioのプレゼン。脱毛クリームで毛を無くしたモデルで発毛作用を有する薬を探索している。本論文では、脱毛後の毛包幹細胞の周りにTregが集積し、毛包幹細胞の細胞増殖を促進。その際、炎症反応は起きていない。その作用メカは、TregがJag1を介してNotchシグナルを活性化させ、毛包幹細胞の増殖を促進するという。皮膚の休止期に集積したTregとリンパ節のTregは性質が異なる。皮膚のTregの方がJag1の発現が高いという。Jag1ミミックを頭皮に適用すると休止期の毛包幹細胞が増殖を始めることが可能だろうか。自己免疫などを介した病的な脱毛との関係はどうなのだろうか。

ご意見メール
BORDER 

2017年7 月21日 (金)

腸内大腸菌による寿命延長のメカ

腸内大腸菌による寿命延長のメカ

Cell 6月号から。B6のJohnのプレゼン。腸内細菌と寿命延長効果の関連は数多く示唆されてきた。本論文では、線虫のモデルを活用して、餌となる大腸菌の変異体をスクリーニングし、寿命延長効果を示した変異大腸菌を同定した。2つの遺伝子変異が見いだされ、その作用メカを解明したところ、コラン酸という大腸菌由来の多糖類が大腸菌から産生されると、腸の上皮細胞や筋肉のミトコンドリアの形態などに影響し、寿命延長効果が誘導されることが明らかにされた。ヒトへの外挿ができるかどうかわからないが、面白い視点での研究成果である。

ご意見メール
BORDER 

2017年7 月20日 (木)

嗅覚刺激とインシュリン抵抗性

嗅覚刺激とインシュリン抵抗性

Cell Metaの7月号から。B6の高田君のプレゼン。ヒトにおいて嗅覚麻痺とエネルギー代謝の関係は色々と言われてきた。本論文では、マウスの嗅覚を選択的に麻痺させると、交感神経系を介した脂肪細胞のUCP1上昇とインスリン抵抗性を改善したり、肥満病態を改善するという。逆に、嗅覚機能が上昇すると、迷走神経系を介して逆の現象が起こるという。嗅覚過敏か否かと肥満病態との関連を臨床的に証明できたら面白い。

ご意見メール
BORDER 

clear_both