PAGE TOP
≪ バイオメトロノームと慢性腎臓病の論文受理 | トップページ | オープンキャンパス ≫

2012年8 月 7日 (火)

お祝い

お祝い

某大学のパーマネントポジションが正式に内定したとOkiから連絡がありました。以前に、このブログで、もう一つ良い話がもうすぐあるとアナウンスしていたのはこの件でした。着任は来年4月なので、どこかは秘密です。とにかく、おめでとう。今までこつこつと頑張り、ポスドクとして約10年間の頑張りが実りました。若い時は金を払ってでも苦労をしなさいとは昔から言われています。内定をもらったポジションは、独立ポジションであり、自分の思うような研究が展開できるようになるということ。大変喜ばしい限りです。

 

先週末から今週は、これから先の、私の人生の勝負をかける仕掛けのための行動をしています。違った観点から、一回りも二回りも成長してきそうな自分にワクワクしています。行動して、勉強して、さらに行動して、勉強して、そして行動する。この順番のサイクルが大切なように思います。頭先行では、慎重な分、チャンスを逃すことが多いと思います。私達は、日々、日本で生きているのではなく、地球に生きていることを常に意識し、行動を起こすことが、生命力が強い、スケールの大きな人間に成長する術だと思います。卒業後、目の前のたいしたことない高収入や比較的楽な職場を求めるのではなく、40〜50歳代にどういう生き方をしていたいかを考えて、進路を選択すべきでしょう。未知である、将来の心配をして、ネガティブに物事を考えて日々送るのではなく、一生懸命、頑張っていたら必ず良いことがあると信じて、大学院生あるいはポスドクの時は、少なくとも実験量では誰にも負けない、そして、それに伴う実験技術でも誰にも負けないという気持ちでポジティブに邁進するということが何よりも忘れてはならないことです。企業での面接試験においても、面接官は学生がどのくらい頑張って来たのかはすぐにわかります。それが採否を決めるものです。ひたすらがむしゃらに頑張る、こういう時期も人生には必要です。

ご意見メール
BORDER 
clear_both