PAGE TOP

2018年12 月 4日 (火)

腸から脳へ

腸から脳へ

Science 9月号から。Richkyのプレゼン。消化管に散在する腸内分泌細胞(コレシストキニンやペプチドYYなどを分泌する)がシナプス前細胞としての機能を有していること、迷走神経と直接シナプスを形成し、グルタミン酸を神経伝達物質として、腸内のショ糖やグルコースなどの栄養を感知した情報を脳に迅速に伝えているということを明らかにした論文。

ご意見メール
BORDER 

2018年11 月29日 (木)

グリオーマに対する新たな治療法!?

グリオーマに対する新たな治療法!?

Cellの9月号から。Namiちゃんのプレゼン。グリオーマの放射線治療において重要な情報。グリオーマにおいて、IDH1/2(イソクエン酸デヒドロゲナーゼ)遺伝子の点突然変異が高頻度に認められることは知られていた。IDH1/2は生体内でイソクエン酸を2-オキソグルタル酸(2-OG)に酸化する。しかし、グリオーマで見られるmutant IDH1/2は2-OGから2-ヒドロキシグルタミン酸((R)-2-HG)まで代謝し、その(R)-2-HGがBCAAトランスアミナーゼ(BCAT1,2)を直接阻害することにより、BCAA(分岐鎖ケト酸)由来のグルタミン酸合成を阻害しているという。グルタミン酸合成経路にはGLS(グルタミナーゼ)経路もあり、mutant IDH1/2のグリオーマにあってもグルタミン酸の合成は代償的に増強され、グルタチオンを介した酸化ストレスの抑制によりグリオーマ細胞死が抑制されているという。そこで、IDH1変異細胞におけるGLS阻害薬を投与すると、細胞死が誘導されることから、実際に、マウスレベルで、IDH1変異細胞ガンに放射線照射する前に、GLS阻害薬を投与しておくと、劇的にガンが死滅するということを明らかにしている。ヒトにおける効果やGLS阻害薬がBBBを通過できるかなど、今後の研究に期待したい。

ご意見メール
BORDER 

2018年11 月28日 (水)

ワクチンアジュバントとメバロン酸経路

ワクチンアジュバントとメバロン酸経路

Cel 11月号から。Sakiちゃんのプレゼン。メバロン酸経路の阻害が免疫系を活性化することを示した論文。シンバスタチンを一緒に免疫化を行うと抗体価を高めるアジャバントとして働くことを明らかにしている。その作用メカニズムには、GGPP(Rab5 のゲラニルゲラニル化に関わる)の合成量低下によりエンドソーム成熟を抑制し、抗原保持時間が延長することにより抗原提示を増強させるという。がんワクチン療法として有用であることならびに抗PD-1抗体と併用することで、治療効果をさらに高めるという。極めて重要な知見ではないだろうか。水溶性スタチンではなく、脂溶性スタチンが有用であるという。

ご意見メール
BORDER 

2018年11 月27日 (火)

脳腫瘍の新たな治療法!?

脳腫瘍の新たな治療法!?

Nature 9月号から。Junのプレゼン。治療用のT細胞を脳腫瘍に到達させるホーミングシステムを開発したという論文。BBBを通過させるために、脳腫瘍で高発現しているALCAMという接着因子を利用して、HS T細胞を作成し、T細胞を脳腫瘍選択的に浸潤させ、生存期間の顕著な延長を起こすという。

ご意見メール
BORDER 

2018年11 月21日 (水)

心臓リモデリングとアデノシン2A受容体

心臓リモデリングとアデノシン2A受容体

Cell Metabolism 9月号から。Sanちゃんのプレゼン。心臓のリモデリングは高血圧負荷に対する代償的な応答であるが心室の拡張や筋収縮障害が起こり、心不全へと移行してしまう。本論文では、マウスを用いて、褐色脂肪細胞におけるアデノシン2A受容体の活性化がFGF21産生を促進し、高血圧負荷時の心臓のリモデリングを抑制することを明らかにしている。この現象が人でも起こりうるかは今後の研究が必要であろう。

ご意見メール
BORDER 

2018年11 月20日 (火)

ERストレスとNASH

ERストレスとNASH

Cell 6月号から。Ryokoちゃんのプレゼン。NASHは進行すると、肝硬変、肝がんを発症し、死亡率が高くなる。NASHでは、脂質合成が過剰になり、ERに脂質が蓄積し、ERストレスを誘導すること、NASH患者の肝臓においてCaspase 2の発現が増加することが知られていた。本論文では、ERストレスが起こることで、Caspase2を活性化し、S1P(SREBPのプロセッシング酵素)が切断されることで、SREBPが活性化される。活性化体のN-SREBPは核内に移行し、転写因子として、脂質合成酵素の発現を上げ、コレステロールが増加するというメカニズムを明らかにしている。Caspase-2の阻害薬の有用性とCaspase-2によるS1PのフラグメントがNASHのBiomarkerになりうることを示している。

ご意見メール
BORDER 

2018年11 月 5日 (月)

健康寿命の延長薬!?

健康寿命の延長薬!?

Nature Med. 8月号から。Misakiちゃんのプレゼン。健康寿命の延長は極めて重要な社会的課題である。老化細胞(ゾンビ細胞ともいうらしい)の加齢による蓄積は老化の原因とされている。本研究は、本当にそうなのかを明らかにした論文。老化細胞を作成し、マウスに移植すると身体機能が低下し、高齢マウスへの老化細胞の移植が明確に生存率の低下も誘導している。老化細胞死抑制を促す、ダサチニブとケルセチンの併用投与により、老化細胞により低下した身体機能(歩行速度、筋力、持久力)をアップし、高齢マウスの健康寿命を延長するという。移植した老化細胞数は、全細胞の0,01-0,03%にしか過ぎないのに健康寿命が低下するというところはインパクトがある。肥満患者の脂肪細胞には、老化細胞が見られるが、ダサチニブとケルセチンの併用投与により、老化細胞を除去できることで、ヒトにも効果がある可能性を示唆している。老化細胞の移植で、実験的に健康寿命が調べられることは意外。

ご意見メール
BORDER 

2018年10 月23日 (火)

腸内細菌と肝臓ガン

腸内細菌と肝臓ガン

Science 5月号から。Shota君のプレゼン。肥満が肝臓ガンの発症を高めること、肥満による腸内細菌の変化が胆汁酸の代謝に影響し、2次胆汁酸を増加させ、それが、肝臓における慢性炎症を促すことは報告されていた。本研究では、腸内細菌の中のクロストリジウム属が2次胆汁酸の生成を促し、その2次胆汁酸が肝臓におけるNKT細胞の集積を抑制し、免疫監視機構の乱れが肝臓ガンの発生に繋がることを明らかにしている。この論文では、抗菌薬(バンコマイシンなど)の投与により、クロストリジウム属の細菌増殖を抑制し、上記のメカニズムを介して、肝臓ガンを改善するという。抗菌薬の多用にならないようにしないといけないし、臨床でも同様な結論が出るのかどうか今後、チェックする必要がある。

ご意見メール
BORDER 

2018年10 月22日 (月)

NMNとH2Sの協働と若返り

NMNとH2Sの協働と若返り

Cell 3月号から。B3 Yamagata君のプレゼン。老化抑制という観点からSirt1を活性化するNMNが注目されていたが、今回は、NMNとNaHS (H2Sの前駆体)の併用により、老齢マウスの骨格筋における毛細血管障害を回復させ、持久力の上昇を促進させることを明らかにしたという。

本年の8月に若返り薬を開発したというニュースが海外であった。その化合物は少量のH2Sをミトコンドリアに届け、スプライシングファクターに影響し、テロメアを伸長するという。上記の研究との何らかの関連があるのか?

ご意見メール
BORDER 

2018年10 月19日 (金)

抗CTLA-4抗体治療の抵抗性ガンが予測できる!?

抗CTLA-4抗体治療の抵抗性ガンが予測できる!?

Cell 4月号から。B3のTatsuo君のプレゼン。がんの免疫療法は多く注目されるようになっているが、その中のひとつである、抗CTLA-4療法に対する抵抗性があるがんが問題になっており、PD-1抗体との併用療法のより効率的な治療を行うためには、抵抗性があるがんかどうかの診断法の発見は重要である。本論文は、イピリムマブ治療抵抗性メラノーマをメラノーマ細胞におけるCRMA遺伝子群の発現で予測でき、かつ、その治療抵抗性のメカニズムにオートファジーの抑制があることを明らかにしている。落ち着いた、よいプレゼンでした。

ご意見メール
BORDER 

clear_both