PAGE TOP
≪ IL-18と多発性骨髄腫 | トップページ | アンジオテンシンII性高血圧や血管障害におけるFGF2の保護効果 ≫

2018年10 月17日 (水)

免疫の収束機構とlncRNA

免疫の収束機構とlncRNA

Cell 4月号から。B3 Miyukiちゃんのプレゼン。自然免疫は感染防御の観点から重要であるが、恒常的に活性化状態が継続すると自己免疫疾患の誘導などに繋がっている。今回の論文は、ウイルス感染などによるRIG-1の過剰活性化を抑制するメカニズムとして、後期に発現が増えてくるRIG-1特異的に結合するlncRNAが存在することをクリアに証明した完成度の高い研究。レベルの高い初プレゼン。

ご意見メール
BORDER 
clear_both