PAGE TOP
≪ 膵β細胞におけるp16Ink4aは正常な機能(インスリン分泌)の成熟を促す | トップページ | 寒冷刺激が皮下脂肪を減らすメカ:パート2 ≫

2016年7 月21日 (木)

現役薬学教育部大学院生が立ち上げた大学発ベンチャー「サイディン」がコンテストで最優秀賞

現役薬学教育部大学院生が立ち上げた大学発ベンチャー「サイディン」がコンテストで最優秀賞

平成28年7月16日(土)、熊本市にて開催された「熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアム」主催 次世代ベンチャーコンテスト 熊本テックプラングランプリ最終選考会において、本学大学院生2名と本学学部生1名が下記の賞を受賞しました。

「最優秀賞」受 賞 者 : 弘津 辰徳(製剤設計学分野 D-3)受賞テーマ名 : シクロデキストリンを基盤分子とした医薬品および機能性食品の創製
「プレシード賞」受 賞 者 : 池田 真由美 (薬剤学分野 D-2)、水田 夕稀 (薬剤学分野 4年) 受賞テーマ名 : 温泉化粧品の開発から創薬へ

※ 熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムは、熊本県・株式会社肥後銀行・国立大学法人熊本大学・一般社団法人熊本県工業連合会・株式会社リバネスの 5 者を構成員とする、(1)支援プラットフォームの構築及び運営、(2)次世代ベンチャーコンテストの開催、(3)次世代技術の発掘及び育成、(4)パートナー企業の発掘及びマッチング等を実施する主体となる組織です。 

※² KUMAMOTO TECH PLANTER(熊本テックプランター)は、熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムが実施する、創業支援プラットフォームから、情熱をもって世界を変えようとする起業家を育成する創業支援プログラムを指します。なお、5月21日のキックオフイベントまでは「TECH PLANTER in 熊本」の名称を使用しておりましたが、以後は名称を「KUMAMOTO TECH PLANTER」に変更されました。

ご意見メール
BORDER 
clear_both