PAGE TOP
≪ 肥満の新たなターゲットか? | トップページ | がん抑制分子RASAL2 ≫

2013年11 月10日 (日)

ブラジルへーその1

ブラジルへーその1

土曜日の午前4時50分、県庁発の高速バスに乗り、福岡空港、成田、ワシントンDC、サンパウロ、リオデジャネイロ着の旅ですが、ワシントンDCでの待ち時間がかなり長かったとは言え、日本はもう日曜日の午後10時過ぎなのに、まだ着いてなく、サンパウロ空港で、リオ行きを待っているところです。研究者には体力(持久力)がこういうところでも必要ですね(遠歩参加がこういうところに活きています)。ワシントンDCからサンパウロまで約9時間のフライトでした。飛行機の中で、仕事をしようとしたのですが、寝てゆっくりするのを優先しました。ワールドカップやオリンピックなどアメリカは距離的に有利ですが、日本からは参加は大変だと思いました。次男がサッカー留学に行く時は、ミュンヘン経由でしたが、それもそれで移動は退屈だったでしょう。ワシントンDCからはユナイテッドでしたが、サービスはANAにかなり劣りますね。サンパウロの天気は良く、暖かいです。春が来ているのでしょう。帰りは、リオからヒューストン直行ですので、少しは楽かと思います。
ご意見メール
BORDER 
clear_both