PAGE TOP
≪ 皮膚炎症時に産生される抗菌タンパク質REG3Aの役割 | トップページ | バイオメトロノームと慢性腎臓病の論文受理 ≫

2012年7 月27日 (金)

日本一の階段 3333段にチャレンジ

日本一の階段 3333段にチャレンジ

今朝は、午前7時半ではなく、午前5時半に研究室出発で日本一の階段3333段に、皆(20数名)でチャレンジして来ました(Noguchiさんの2キッズも一緒に。ケンちゃんは朝寝、前期試験中の学部生5名も不参加)。昼間は暑いので、早朝にしたのですが、昨夜のオリンピックの男子サッカーを見た人には午前5時半出発はキツかったようです。私も危うく寝過ごすところでした。3333段は、昔の中央町、今は美里町いうところにあります。研究室では、過去に、5,6回は行ったと思います。私は家族でも2回程、チャレンジしました。標高240mであり、たいしたこと無いように思えますが、登りはかなりタフです(特に、運動が足りないヒトにとっては)。ただ、森林浴を楽しみながら、木々の間から見える山々、頂上から見下ろす熊本平野、有明海の眺望は素晴らしいです。3333段を登り終え、さらに1 km歩くと古い神社があります。そこで、研究室の皆の繁栄と、大学院受験組の成功と、来年の国家試験組の合格を祈念してきました。山歩きをすると椎葉生まれの人間としては、嗅覚がびんびんに働き、心身ともにリフレッシュできます。階段の降りは、また違った感覚の辛さがあります。Youtubeに良い映像がありました。行ったことが無い人は是非チャレンジをしてみる価値有り。薬学部からは車で40〜50分で現地に着きます。麓から少し行ったところに温泉もあり、帰りに温泉に寄って汗を流すというのもお勧めです。体重は2kg減でした。

ご意見メール
BORDER 
clear_both