PAGE TOP
≪ デザイナー細胞による耐性菌感染治療 | トップページ

2018年8 月 9日 (木)

アルコール依存の分子メカニズム

アルコール依存の分子メカニズム

Science 6月号から。Johnのプレゼン。アルコール依存症は脳内報酬系(腹側被蓋野を中心に投射される神経ネットワーク)が関与していることが知られている。本論文では、アルコール嗜好性を示すラットを選抜し、扁桃体におけるGAT-3(GABAの輸送に関わる)の発現が減少していたことを見出し、この現象は、アルコール依存症の患者でも認められていた。扁桃体のGABA神経の調節異常がアルコール依存に関わっているらしい。

ご意見メール
BORDER 
clear_both