PAGE TOP
≪ 球脊髄性筋萎縮症 | トップページ | アストロサイトと記憶スイッチ ≫

2018年7 月10日 (火)

6/21のセミナーに対するコメント

6/21のセミナーに対するコメント

OBからのコメントをいただきました。勉強になります。

 

この抗体の効果がどの程度のものなのか、不活化全粒子ワクチン(HAもNAも保有)との比較がない事は少し残念ですが、HA抗原の16種に対してNA抗原は9種ですので、NAをターゲットと出来れば広くウイルスをカバーする可能性もありそうです。

最近は抗体の製造コストが劇的に下がっているようですので、コストの比較も気になりますね。

また、最近ではウイルスの抗原性変異についても予測出来る可能性が示唆され、現在検証が進んでいます(レトロスペクティブには検証されている模様)。NAをターゲットとする事でこの努力が無駄になるのかならないのか。

 

https://www.nature.com/articles/nmicrobiol201658

Universal ワクチンの開発も進んでいますね。臨床開発は難しそうですが・・・・。

https://www.fiercepharma.com/universal-flu-vaccine-biotech-seeks-big-pharma-partnership-for-phase-3-testing-ceohttps://www.nih.gov/news-events/news-releases/niaid-sponsored-trial-universal-influenza-vaccine-begins

 

https://www.nih.gov/news-events/news-releases/niaid-sponsored-trial-universal-influenza-vaccine-begins

 

一方でエンドヌクレアーゼ阻害薬も開発され、治療薬の世界も一変しそうな雰囲気ですが、この新規治療薬の登場で今後ワクチンに期待される事やワクチンの用途についても再評価が進む可能性もありますね。

 

ご意見メール
BORDER 
clear_both