PAGE TOP
≪ 冬眠メカニズムから移植臓器保護技術へ | トップページ | ソラフェニブによる難治性AMLの治療 ≫

2018年5 月23日 (水)

上皮間葉転換を起こす細胞の中で悪質な細胞をin vivoで同定

上皮間葉転換を起こす細胞の中で悪質な細胞をin vivoで同定

Nature 4月号から。Ryokoちゃんのプレゼン。上皮細胞が間葉細胞へと分化転換するメカニズムはガンの悪性化、転移などを抑制するターゲットになりうることは知られていた。本論文では、動物レベルで、上皮間葉転換を起こし、悪性化していく特定の細胞群を、細胞表面マーカーから同定している。興味深いことに、最も間葉系に近い腫瘍細胞が、最も高い転移能を持っているのではなく、高い転移能は間葉系細胞への移行の、より初期の状態にある細胞群に見られたという。これらの細胞の特色を明らかにすることで創薬ターゲットを見いだすことができるのかもしれない。

 

参考論文

ご意見メール
BORDER 
clear_both